イボ(ウイルス性疣贅)|大田区・蒲田の皮膚科「ミウスキンクリニック」にきび、水虫、巻き爪などの一般皮膚科から、脱毛、しみ、しわ美容皮膚科にも力をいれています。

0354800577

受付時間10:00 - 13:00 / 16:00 - 20:00

休診日月曜、日曜、祝日予約優先となります

予約について

トピックス

Topics

イボ(ウイルス性疣贅)

原因

ヒト乳頭腫ウイルスの感染症です。

Point

なるべく早く治療するということです。なぜなら、放置すれば周囲に感染して数が増えてしまい、治療の痛みが増えてしまうからです。あとは、水虫と同じで、足のイボなら裸足で踏んだ所、手のイボなら手で良く触れる所(ドアノブ、自転車のハンドル、手袋など)を良く拭き掃除しましょう。

治療

基本的にヨクイニンの内服と液体窒素療法です。ヒト乳頭腫ウイルスを殺せる薬がないため(尖圭コンジローマや日光角化症で使用されているイミキモドがいずれ使えるかもしれませんが)、液体窒素療法は超低温でウイルスの感染した皮膚を火傷させて破壊する治療で痛みがつきものです。難治性や痛みに耐えられない場合にはグルタールアルデヒド外用治療(自費)をお薦めしていますので相談してください。

受付時間

10:00 - 13:00 / 16:00 - 20:00

休診日

月曜、日曜、祝日予約優先となります

予約について

診療時間

※診療受付は診療時間終了30分前までとなります。
予約優先となります

pagetop