アトピー性皮膚炎の方へ|大田区・蒲田の皮膚科「ミウスキンクリニック」にきび、水虫、巻き爪などの一般皮膚科から、脱毛、しみ、しわ美容皮膚科にも力をいれています。

0354800577

受付時間10:00 - 13:00 / 16:00 - 20:00

休診日月曜、日曜、祝日予約優先となります

予約について

トピックス

Topics

アトピー性皮膚炎の方へ

最近「乳児に保湿剤を毎日、約8カ月間塗ることで

アトピー性皮膚炎の発症率を3割減らせたと、

国立成育医療研究センターのチームが発表した。」

という報道がありました。

クリニックに来ている患者様にはよくお話していることが

実際に証明されました。

保湿剤は乾燥を止めるために外用するというよりも

異物を肌に侵入させないために使用するので

乾燥していなくても塗布してくださいとお願いしています

アトピー性皮膚炎やアレルギーに関しては誤解が多く

肌に侵入した異物に対してはアレルギーが起きやすく

口から侵入した異物に対してはアレルギーを抑える

ということが最近分かっています。

したがって食べ物を肌に外用したり、食べこぼしが多いと

肌から侵入し、その食べ物を食べられなくなることが多くなります。

有名な現象としては

欧米では小児にピーナッツオイルが配合されたクリームなどを

外用することが多いので、ピーナッツアレルギーが多いこと。

茶のしずく石鹸の事件では、小麦成分が石鹸に配合されていたため

小麦アレルギーを発症してしまったことなどがあります。

食べた方がアレルギーを抑えると言うことは

アトピー性皮膚炎の妊婦や子供に

食べ物を制限することが逆効果であると言えます。

食べ物アレルギーの治療では

入院させ、その食べ物を少量から徐々に食べさせる

治療が行われているのはこのためです。

アトピー性皮膚炎では遺伝子的に

皮膚が乾燥し、隙間を生じ、異物が入りやすい状況ですので

保湿剤を外用し、異物の侵入を防げば

アレルギーを引き起こす異物を減らすことができ

アレルギー反応としての湿疹が少なくなるのです

保湿剤は肌が乾燥してなさそうでも

毎日使用しましょう。

もう一つ

洗い方も重要です。

自分のことを洗う動物なんていないでしょう!?

自然界では石鹸、タオル、湯船を使用することがありません。

水浴びぐらいでしょう。

したがって、入浴した際に石鹸や湯船で肌の脂が奪われます。

タオルで擦れば肌自体が剥がれます。

垢すりなんてひどいモンです。

異物が肌に侵入しやすい状態と言えるでしょう。

頭は指を立てずに髪の毛を洗う程度。

洗顔と同様に全身手のひらで洗い

肩から下は、脇、股、足の裏程度に石鹸を使用すれば十分です

湯船は乾燥止めの入浴剤を入れ

お風呂上がりは5分以内に保湿剤を外用します

頭ならリンス、顔なら基礎化粧品を外用して保湿しているのですから。

特にお子様には小さいときから癖を付けてあげれば

治療が億劫にならないでしょう。

受付時間

10:00 - 13:00 / 16:00 - 20:00

休診日

月曜、日曜、祝日予約優先となります

予約について

診療時間

※診療受付は診療時間終了30分前までとなります。
予約優先となります

pagetop