ミウスキンクリニック レチノール|大田区・蒲田の皮膚科「ミウスキンクリニック」にきび、水虫、巻き爪などの一般皮膚科から、脱毛、しみ、しわ美容皮膚科にも力をいれています。

0354800577

受付時間10:00 - 13:00 / 16:00 - 20:00

休診日月曜、日曜、祝日予約優先となります

予約について

トピックス

Topics

ミウスキンクリニック レチノール

最近は市販の化粧品にもレチノールといわれるビタミンA誘導体が配合されるようになりました。しかしながら、市販品のレチノールは濃度が薄いため保湿効果ぐらいしか見込めないと言われています。
レチノールの効果としては、皮膚のターンオーバー(生まれ変わり)を早める、皮膚表面の角質を剥がす、皮脂の分泌を抑える、コラーゲンの生成を促し皮膚をふっくらさせる、ヒアルロン酸の分泌を高めて皮膚をみずみずしくする、シミを薄くする、小じわの改善などの若返り効果があります。
これらの効果をはっきり出すには、レチノールの濃度が高い必要があります。濃度が高いレチノールを外用すると数日以内に皮膚の発赤を生じ、その後皮膚表面ががさがさ剥けるようになり、刺激感を生じます。女性であれば、日焼け止めやファンデーションで発赤をあまり目立たなくすることができるほどに外用回数を調節しながら、1ヶ月以上継続し、その後1ヶ月休憩します。これを反復することで上記の効果が出てきます。
注意点は、発赤、皮が剥ける、刺激感があることの他に、必ず保湿剤や日焼け止めを使用することが必要です。
これほどの強い効果があるものですから、やはり市販化は困難でしょう。
私は当院での全ての治療に関して自分自身で試しております。レチノールは効果が強いため外用中は発赤、かさつき、刺激感を伴いますが、後日肌が若返るため、これらの現象が、嬉しく感じます。最初は皆様驚くようですが、美容皮膚科の導入編と言われるケミカルピーリングの次の治療として位置づけられると思います。
当院ではスキンシューティカルズのリジュビネーションクリームをレチノール製品として扱っております。レチノールが0.5%配合されています。 平成20年3月に1.0%は販売終了となっておりますが、クリニックにはまだ在庫がありますのでご希望の方はご相談下さい。
ご興味があれば当院のホームページもご覧下さい

受付時間

10:00 - 13:00 / 16:00 - 20:00

休診日

月曜、日曜、祝日予約優先となります

予約について

診療時間

※診療受付は診療時間終了30分前までとなります。
予約優先となります

pagetop